Entry: main  << >>
姫路ロボ・チャレンジ第9回終了
 報告が少し遅くなりましたが、無事姫路ロボ・チャレンジ第9回が終了しました。
今回はエントリークラス、スタンダードクラスとも競技ルールを参加者が遵守し、大変気持ちの良い大会となりました。
参加された皆様、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

また、今回は私自身も「いいんちょ」名でJO−ZEROのプロトタイプ、「ジェイオー」を使用してスタンダードクラスに参加しました。

※掲載画像はZAK様、兎小屋様、蔕或日記様からお借りしました。

今回、台数合わせもあって参加させていただいたのですが、やるからには全力で、ということで、前日に競技に必要な各種モーション、プログラムなどを準備しました。
相変わらず、練習する時間がないので、操作自体はほぼぶっつけ本番です。

競技順に紹介すると・・・

まず最初に(チャレンジステージもしくはロボットデモンストレーション」が行われます。
これはロボット自慢を1分間行い、ロボットの性能などをアピールし、得票につなげるか(ロボ・チャレンジでは一般観覧者による投票が行われ、得点を得ることができます。)、2分間でボール運びを行って自力で点数を手に入れるかを選ぶことができます。

 特に、今回のボール運びから新しくルールが追加され、10cm角、8cm角の立方体も合わせて運び、積み上げれば得点が加算されるというものです。
 ボールだけ運ぶと3点、箱1つにボールを乗せると4点、箱2個にボールを乗せると6点となり、箱だけを運んでも0点となっています。

 ジェイオーには元々「お菓子運びイベント」むけのモーションがありましたので、これを箱などに合わせて微調整し、運搬用歩行モーションも少し早めに調整して完了となりました。
 その結果、2分間のうちにボールと10cm箱を運搬、積み上げに成功し、4点を獲得しました。
チャレンジステージ2チャレンジステージ1チャレンジステージ3

つづいて姫路ロボ・チャレンジ名物である「さがしてポン」です。
これはリング状に配置した3個の大中小ボールをロボットが自律で探し出し、リング上から落とすことができれば得点を得ることができる競技です。
前日に用意したプログラムは作業机の上で簡易テストしただけだったので、これもぶっつけ本番で挑戦となりました。
その結果、一番小さいボールを検知し、落とそうとがんばるのですが、なかなか落ちてくれず、4回目ぐらいのトライでなんとか3点を獲得、次のボールを捜しに行くところで「テーブルから落ちないための処理」が不十分であったため旋回中に転落し終了となってしまいました。
床が前方にないとき、その場で旋回するようになっていたのですが、これがまずく、少し後退してから旋回すればよかったと反省しています。
次回はオールクリアを目指して再挑戦です。

さがしてぽん

つづいて5m走であるロボカーナですが、これも調整が甘かったようで、1歩あるくごとに路面の反発で(カーペットの上にさらにカーペットを敷いているので体重の軽いジェイオーにはスポンジのような感じでした)上半身がふらつき、歩行速度を上げることがでず、50秒ほどの記録となりました。
次回はさらに調整を行い、30秒を切れるようになりたいと考えています。

最後にロボットバトルとなるのですが、今回3戦行うことができました。

初戦はゆーたさんのZevoとの対戦です。
ROBOZAKベースのロボットなので、パワーはジェイオーの約2倍、重量も1.5kgとほぼ2倍です。

これほどの重量差があるとパンチなどで倒すことは難しいので投げ技主体での戦闘となります。
結果はジェイオー2ダウン Zevo3ダウンとなり勝ちを得ることができました。

続いてはNEXION:09Fとの対戦ですが、これは対戦相手のロボットが不調となってしまい、直接のバトルの前に相手棄権による勝ちとなりました。

最後、はっし〜さんのエクセリオンとの対戦です。
パワーは8倍、重量7倍です。
まず、普通に戦っては勝ちはありません。
この戦いも相手の足に喰らい付き、投げた押すしかありません。
結果、ジェイオーのスリップダウンが先行し、3ダウンとなってしまい負けてしまったのですが、相手からも投げ技で1ダウン1スリップを取りました。
やりようによってジェイオーでも大きいロボットと対戦できることがわかったので十分な収穫です。
残念なことに、今現在このバトルの動画がないようなので、もし、撮影されている方がいらっしゃったらぜひ、ご連絡をいただきたいです。
宜しくお願い申し上げます。

| ROBOMASTER | 23:34 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
手の形が違いますけど
これは輸送用?バトル用?
気になります
それにしても重量7倍を投げるってすごいなぁ
サーボのギアとか大丈夫だったのでしょうか?
Posted by: 03atd |at: 2009/12/27 8:25 AM
チャレンジステージ、見ごたえありました。
Posted by: ゆう |at: 2009/12/27 1:33 PM
03atd様
手の形状はロボチャレンジルールにあうぎりぎりまで延長したものです。
今回、バトルのほか物を持ち上げるという必要があったのでそれように調整しました。
画像などは新たに投稿しますので、別途ご覧ください。
投げ技では幸いギヤなどが壊れることはありませんでしたが、だから大丈夫ということはないと思います。
あくまで競技での使用ですからいつ壊れるかはまったく予測が付かないです。
運ですね。

ゆうさん。
チャレンジステージの評価、ありがとう御座います。
難しくすることを言い出した手前、最低でも2段積み上げが目標だったので成功して内心ほっとしています。
Posted by: JO-ZERO ROBOMASTER |at: 2009/12/28 8:17 PM








Trackback

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode