Page: 3/4  << >>
ちょっと、あわただしい日々をすごしています。
 先日、ヒューマノイドレスキューコンテストと姫路ロボチャレンジ・ミニに参加してきました。
あまり時間が取れないので、詳細はまた、別の日に書きたいと思いますが、レスキューは総合4位でした。
正直なところ、操縦ミスばかりで練習できていないことがもろばれだったのですが、デモ内容については練習時間中に審査委員の目に留まっていたようで、すべての競技が終了し片付けを行っていたとき、ある審査委員から「もっともレスキューロボらしい動きだった」と聞かせていただきました。
次回参加時はご期待に添えるようさらに改善と練習を行って完走を目指したいと思います。

その翌々日、姫路ロボチャレンジミニでした。
こちらは主催側だったのですが、選手としても参加させていただき、楽しい時間をすごさせていただきました。
当日はなんでもありな大会で、6足から4足、2足と様々なロボットが競技に参加し、特にバトル競技では異種格闘技戦となって大変面白かったです。
ろぼちゅうが2足歩行ロボットを倒すことはなかなか難しいのですが、それでも何試合かはそれを行い、大変盛り上がった大会でした。
次回はまた姫路市民会館で開催される予定なので、遠方の方も参加しやすいと思います。
いろいろなロボットをお持ちの方、ぜひ、参加してください。

一方、JO-ZEROはJOZコントローラも最新版が先日リリースされ、サーボパレットの移動や入れ替え、任意のモータ配置などに対応できるようになりました。
リモコンジェネレータも搭載しましたので、簡単にラジコン仕様のプログラムを作ることもできるようになりました。

また、今現在、追加フレームを検討しているのですが下図を見ていただければわかるとおり、上腕の接続フレームを変更し、腕を上げる稼動域を増やすものです。
正直なところ、腕が長くなり、デザイン的にはいまひとつに思うのですが、ご意見お聞かせ願えればと思います。
新パーツ

| ROBOMASTER | 23:08 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
人型ロボットレスキューコンテスト
 先ほど漸く人型ロボットレスキューコンテスト用のプログラム準備が完了しました。
まだ、動画などを用意していないのですが、後日にでも掲載しようと思います。
コンテスト内容はトンネルくぐり、障害物乗り越え、瓦礫排除、要救助者搬送です。
これを所定のコース内で5分の制限時間で以下に短時間でミッションを完了させるかというものです。
今回、JO-ZEROには下記のプログラムを用意しました。
標準移動機能、前後、左右、旋回
微調整用移動機能、前後、左右、旋回
トンネルくぐり姿勢への移行、その姿勢での前進、左右旋回
障害物へののぼり、逆立ち姿勢での前後、旋回機能、障害物からの降り機能
瓦礫排除用4チャンネルマスタースレーブ機能
要救助者確保のための低姿勢移動機能、前後、旋回、持ち上げ機能
要救助者を抱えての前後、左右、旋回の機能

上記の機能をおよそ5時間jほどで作成しました。
移動関連はすべてモーションジェネレータ、特殊なモーションは教示を用いてプログラム、マスタースレーブも簡単なプログラムで実現し、最終的なコントローラ制御はリモコンジェネレータで作成しました。
「スクリプト」を書いた部分はわずか20行ほどのマスタースレーブのみで、その他は一切記述せずに作成することができました。
今回、リモコンジェネレータが大変役に立ちました。
実機のお披露目は11月1日に電通大でごらんいただけると思いますのでぜひ、お越しください。

追伸
HSWB-03F、ご注文いただきました皆様、まことにありがとうございます。
ぜひ、ご活用いただき、ロボット製作を楽しんでいただければ幸いです。

現状、店舗にあるJO-ZERO在庫はツクモに1台、ろぼとまに6台と聞いております。
どちらの店舗にも動作する実機がございますので、ご興味のある方はぜひ、店舗にてご覧ください。
名古屋のROBOBASEにも稼動実機がございます。
こちらは「お菓子運びゲーム」ができる実機が稼動していますので、ご興味のある方はぜひ、ROBOBASEまでお越しください。
| ROBOMASTER | 01:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
HSWB-03F

 JO-ZEROに搭載しているコントローラHSWB-03Fが製造ロットの兼ね合いで30個端数が出てしまいました・・・・・
そこで、これをHSWB-03F単品として発売することになりました。
せっかくなのでJOZコントローラも少し改良し、ユーザーのロボット情報を登録できるように修正、オリジナルのモーター配置に対応できます。
小型のロボットを作りたい方、FUTABAのモーターでロボットを作りたい方、モーションジェネレータを使ってみたい方、高機能なプログラムを作ってみたい方、ぜひ、ご購入をご検討ください。
詳細はhttp://www.jo-zero.com/ のトップページをご覧ください。
みんなで小さいロボットを作ってROBO-ONE-U1K(仮称)に参加しませんか?
先着30個のみですよ〜!

と宣伝でした。

今夜はこれから週末に行われるヒューマノイドレスキューロボットコンテスト用のモーションを作ることにします。

以下転載
------------------------------------------------------------------------
                                                        2009年10月24日

     11/1「電通大杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト2009」開催

                         ヒト型レスキューロボットコンテスト実行委員会
                              委員長 升谷 保博(大阪電気通信大学 教授)

 ヒト型レスキューロボットコンテスト実行委員会は、来る11月1日(日)に
大阪電気通信大学において「電通大杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト
2009」を下記の要領で開催いたします.

 ヒト型レスキューロボットコンテストは,ヒト型ロボットによる災害救助を
テーマにしたロボットコンテストです.遠隔操縦されたヒト型ロボットが,
「トンネルくぐり」「段差乗り越え」「ガレキ除去」「要救助者搬送」のタス
クを競います.初めてのこの試みに全国から18台のエントリがありました.

 レスキューロボットコンテストは,2000年から毎年実施されており,ロボッ
ト競技を通じて,ものづくりの楽しさを伝えるとともに,防災や減災の大切さ
や難しさを考える機会を提供しています.本コンテストも,この考えを受け継
ぎ,さらに多くの皆さんに輪を広げるために開催します.

 興味のある方は,是非お越しくださるようお願い申し上げます。

                                  記

         「電通大杯 ヒト型レスキューロボットコンテスト2009」

・日時:  2009年11月1日(日)
          12:00〜13:00  ファーストミッション前半
          14:00〜15:00  ファーストミッション後半
          16:00〜17:00  ファイナルミッション,表彰式

・場所:  大阪電気通信大学 寝屋川キャンパス 実験センター5階 Y-502号室
          (大阪府寝屋川市初町1-8)

・観覧料:無料

・主催:  ヒト型レスキューロボットコンテスト実行委員会
・共催:  大阪電気通信大学 自由工房、
          レスキューロボットコンテスト実行委員会

・問い合わせ先:humanoid-resconあgooglegroups.com
                (「あ」を「@」に置き換えてください)
・ウェブ:  http://jiyukobo-oecu.jp/modules/robots/index.php?content_id=31
・ポスター:http://jiyukobo-oecu.jp/html/humanoid-rescon/h-rescon2009-poster3.pdf

・参考:  当日,会場の大阪電気通信大学では,大学祭とテクノフェアを開催
          しており,様々な展示や実演が行われます.
          http://www18.ocn.ne.jp/~oecufes/
          http://www.osakac.ac.jp/oecu/techno/index2.html

                                                                    以上
------------------------------------------------------------------------

 

| ROBOMASTER | 20:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
リモコンジェネレータ機能実装完了
 ようやく、実用的なリモコンジェネレータが完成しました。
ただいま動作試験を行っていますが、問題は無いようです。
明日、簡易取説を用意してアップロードいたします。
当面、WIZ-XR-RCB用ですが、近々KRC-3にも対応します。

リモコンに割り当てられるプログラム本数は31*4=124本となりました。
リモコン前面のZR,ZLの二つのキーをシフトキーとして用います。
1


キーやレバーごとにプログラムを割り付けられます。
割り付けられるプログラムはL3PROGRAM、MotionGeneratorのどちらでも任意のものが可能です。
左右レバーと左の十字カーソルキーはは8方向に対応しています。
2


生成されたプログラムは任意の修正を加えることも可能です。
標準ではなんら変更する必要はありません。
3


プログラム書込み機能も強化され、リモコンジェネレータのプログラムを書き込むためにはボタンを2回クリックするだけで完了するようになっています。(自動割付、自動書込み)
4

10月28日午後1時までにサポートページにアップロードいたしますのでぜひご利用ください。

| ROBOMASTER | 01:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
リモコンジェネレータでした・・
 昨日の投稿ですがラジコンジェネレータではなくリモコンジェネレータでした。
おはずかしい。
現在、最後の調整を行っているのですが、ややオーバースペックなところがあり、仕様を再検討しています。
現状、リモコンに割付可能なプログラムの本数は464本なのですが、非現実的な数となってしまっていますので登録可能数を減らす方向で検討しています。
どのように減らせばより使いやすくなるか、いろいろと考えているのですが、割付可能数を124本程度にし、操作ボタンを2個追加することにしました。
そのため、公開のお約束を守ることができず、お詫び申し上げます。
なんとか週明けには公開できるようにいたしますので宜しくお願い申し上げます。
なお、明日、RT様で開催されるU1Kには私も参加していますので464本版のほうは会場にお越しいただいている方にはごらんいただける予定です。

バッカス3世号フライトモデル開発計画、いつまでかかるかわかりませんが、スタートすることにしました。
当面、CAD上で検討を進めてみようと思います。
形になったら許可を得ないと公開できないんだろうなとは思うのですが、フロンガスを撒き散らしながら飛ぶバッカスを見たいとは思いませんか?(実際はフロンガスは使用できないけど・・)
そういうわけで、協力者募集しようかと思います。
たのしく、バッカスを飛ばしてみませんか・・・・

| ROBOMASTER | 21:35 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
ラジコンジェネレータ
 もうすぐ完成・・・・・
なのですが、とりあえずベータテスト公開になります。
10月23日午後にアップロードする予定です。
RT製無線機器のみの対応品なので、KRC3はもう少しお待ちください。(それほど時間はかからない予定です・・)


最近のお気に入りで紹介したバッカス契す罅▲薀献灰麋行機で再現できないかな。
姿勢制御はマイコン任せにしてダクテッドファンを4機ぐらいつければなんとか飛びそうな気がする・・・
| ROBOMASTER | 01:42 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
J&Pテクノランド
本日は所用もあって大阪日本橋まで出かけました。
何度か通ったJ&P、今まですれ違いなどで上手く打ち合わせができなかったのですが、JO-ZEROを取り扱っていただく方向でまとまりました。
そんなに先ではない何時か、店頭でJO-ZEROをご覧いただけるようになります。
今しばらくお待ちください。
展示が行われましたら改めてご案内しますので、お近くの方はぜひ実物をごらんください。

| ROBOMASTER | 03:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マスコットJO-ZERO その4
 皆様からいただいたアドバイスを元に少しずつ作業を進めていたところ、なんと神矢先生からじきじきにメールをいただきました。

早速添付されたイラストを参考に、インベンタでモデルを作ってみました。
子供顔のJO-ZERO、皆さんいかがでしょうか。
実物(製品版)ではネジ穴となる額部分ですが、今回はここに人体赤外線検知センサを取り付ける予定です。(部品もとどきました!)
マスコットの顔
| ROBOMASTER | 02:08 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
マスコットJOその3
 ようやく頭をつけることができました。
しかし、かわいくない。
何かよい方法が無いかな・・・

ますこっと
| ROBOMASTER | 01:44 | comments(9) | trackbacks(0) | pookmark |
マスコットJO-ZEROその2
本日も仕事の合間にマスコットJO-ZEROを組み立てています。ほんたいまで

本体はすでに組みあがり、配線、歩行関連の基本プログラムまで完成しました。
残るは問題の頭部ですが、人形頭を取り付けてみたところ、ちょっとバランスがよくなく、今回は標準のヘッドを拡大し、取り付けてみることにしました。
2倍寸、3倍寸の紙モデルを用意し、実際に頭部に配置してバランスを見極めますと、今回は2倍済んでいこうと成りました。
明日中には頭部も完成し、センサーも取り付けも完了させる予定です。
なんとか、展示会に間に合いそうです。
※色は飾り部品のみ純正の赤色パーツに交換することにしました。
お披露目がいまから楽しみです。
| ROBOMASTER | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode